山椒の実
               実山椒

HOME HOME HOME HOME HOME HOME

  商店概要



商店名

山本勝之助商店 (通称 かねいち商店)

商号   かねいち  商号の由来は「かねいちとは?」のページをご覧ください
所在地 〒642-0024 和歌山県海南市阪井679     
創業年・創業者 明治13年(1880年)・山本勝之助
理念 かねいちの風情を活かし紀州特産物を広め、また、人間力を高める活動により地域のみなさんとの相互繁栄を期し、地域の文化と福祉の向上をめざす。
事業内容 ■山椒・棕櫚などの紀州特産の山産物の販売(卸売)
■登録文化財を活用した観光受入れ、各種イベントの開催
■経済・文化・教育等地域活性化活動


 取扱商品(卸売り)    

当店は、明治13年(1880年)以来、紀州特産の山産物を取り扱っております。

商品は原則として卸売りです。販売単位(数量)以上でのお取引になります。
(棕櫚のほうき・たわしなど一部の商品は店頭で小売も行っています。)
引き合いをご希望の方はこちらにお問合せください。 メール kaneichi@gaia.eonet.ne.jp
                                  電話 073-487-0001

 商品の詳細はこちらのページをご覧ください。


当店商品を扱っていただいているお店です。(小売も可能です)

弊店の石臼挽き山椒粉が、テレビ大阪製作(テレビ東京、テレビ和歌山系列)の人気番組「和風総本家」の2012年2月23日の放送で紹介されました。

テーマは「一品豪華鍋 脇役ひとつでこんなに変わる!BEST9」

お鍋の名わき役として登場しました。

放送日時:2012223日(木)21
http://www.tv-osaka.co.jp/ip4/wafu/


棕櫚製品  →  商品一覧(PDF) 山椒商品  →  商品一覧(PDF)
 


棕櫚箒com


山椒屋(さんしょや).com


東急ハンズ心斎橋店様(大阪市)

石臼挽き山椒

朝岡スパイス様(伊勢丹内)


京都満月堂様(京都市)


こんぶ土居様(大阪市)

インターネットショップ「hitofushi」様(大阪市)

わが国伝統の道具、手仕事の品として
海南の棕櫚製品を紹介してくれています。






山椒のカジアン様


暮しっく広場様(滋賀県大津市)


かんじゃ山椒園様(和歌山県)



きこころ商店様(東京都)

暮しを 楽しくする、昔から変わらない日本の
生活雑貨を販売しています。

BIRDORIJIN様(滋賀県)

オリジナルブランドのNOTHING PASSIVE/hand made nonoと
生活用品、雑貨、古道具など。


小売商品の一部はインターネットショップ「しゅろやさんしょや」でも扱っております
しゅろやさんしょや

                      


 沿 革

元号 西暦年
江戸時代以前 1870年代以前 の商号にて当地において長く木蝋製造業を営む
(事業開業時期不詳)
明治13年 1880 山本勝之助が18歳で家業を継承、事業を山産物問屋に転換し、
「山本勝之助商店」を創業
明治19年 1886 越中(富山)の薬種業界の豪商中田清兵衛氏との取引開始、薬種問屋業を開拓。
明治20年代 1890年代 野上谷地方の特産物であった棕櫚縄の販売開始。
紀州野上産の上質で堅牢な棕櫚縄網が船舶用網、漁網用網の最適品として認められ、全国へと販路を拡大。
明治23年より社会貢献活動開始。
・道路、鉄道、港湾、通信施設等の社会インフラ施設費寄付
・震災・風水害被災地域への物資・義援金寄付
・疾病・障害者等の救済資金援助、戦没者遺族扶助資金
・神社・仏閣、学校施設等への土地・施設等奉賛
・植林・造林事業推進活動および寄進
明治30年代 1900年代 同業者の便益と産業の発展のため「紀州棕櫚東京積組合仲間」を結成。
代金後払いの信用取引(掛売)を開始。
明治39年 1906 紀州内陸地の角間木地区(現有田郡美山村)の植林開始、大正元年完成。
明治40年代 1900〜1910
年代
棕櫚原料の不足を補うため中国産の製毛「唐棕櫚」の輸入開始
山椒、山桃・白桃、肉桂、富有柿、月桂樹の採植普及に投資。
大正元年 1912 紀州内陸地の角間木地区(現有田郡美山村)の植林完成。
大正2年 1913 棕櫚産業流通拡大のため「野上軽便鉄道」(のちの野上電気鉄道)が開通。
大正初期 1910年代 大阪・中山鉄工所より技師を招聘し、独自の足ふみ式棕櫚製縄機「国益機械網縄機」を開発。
大正6年 1917 「足踏式三子縄製縄機」を考案
大正中期 1920年代 国産・中国産の棕櫚原料不足を補うため、インド、セイロン(現スリランカ)より、パーム(椰子の実外皮繊維)の輸入開始。
昭和3年 1928 社会教化にと「貯金の栞」「成功不成功の礎」各々20万部を全国の市町村、学校、神社仏閣等に配布。
昭和6年 1931 山本金助(2代目)が家業継承
昭和14年 1939 山本勝之助死去(享年78)
昭和34年 1959 地元有志の皆様により巽公民館前広場に勝之助胸像が建立される
昭和30年代〜 1950年代以降

戦後、ナイロン、ビニール、テトロンの順に安価な石油化学繊維が登場し、台所用品の主役であった「棕櫚束子」はスポンジにその座を譲ることになる。
また、電気掃除機」が普及し「棕櫚の座敷帚」は掃除具の脇役に転じる。

伝統的な地域産業が次第に衰退、当店も年々事業縮小を余儀なくされる。

山本金助が第三代野上電気鉄道社長に就任。
これを機に山本有造(3代目)が家業継承。
昭和60年 1985 山本金助死去。
平成6年 1994年 野上電気鉄道廃線
平成18年 2006年 山本有造死去、三姉妹が家業継承

 このページのトップへ



当サイトの文面及び画像の無断引用・転載はお断りさせていただきます。
Copyright (C) 2007 Yamamoto-Katsunosuke shoten. All Rights Reserved.

このホームページは、「十五夜」さんのフリー素材を利用させて頂いております